米国特許研究会・米国特許セミナー


 東南アジアにおける知財保護

--- マレーシア事務所の視点から ----   

   
 マレーシア、シンガポール、ブルネイ、及びインドネシアにおける特許の概要が説明される。 マレーシア特許制度は、新規性の猶予期間及び除外対象のような特筆すべき特徴を備える。 マレーシアでは、通常の実体審査、修正実体審査、及び早期審査を含み、幾つかの特許審査のオプションが利用できる。 日本国特許庁―マレーシア知的財産局の特許審査ハイウェイ(PPH)だけでなく、アセアン特許審査協力(ASPEC)も利用できる。 ご存知のように、シンガポールの知的財産局(IPOS)は、PCTの国際調査機関(ISA)及び国際予備審査機関(IPEA)として機能するかもしれない。彼らの調査及び審査特徴が議論されるかもしれない。
 発展途上国の1つとして、マレーシアは、意匠権が良く利用されるところである。
  いつものように、商標問題は、東南アジアの国々において重要である。マレーシア、シンガポール、ブルネイ、及びインドネシアにおける商標実務の概要が説明される。

講演は英語で行いますが、相川がモデレータを務めます。


講師:  Ms. Oon Yen Yen
講師:  Mr. Lim Eng Leong
事務所 :  Henry Goh

後援:オリオン国際特許事務所

日時: 2017年4月20日(木曜日) 午後6時半から午後8時半 
場所: 日本弁理士会館地下1階 AB会議室
費用: 無料
講演会後簡単な懇親会(無料)があります。
 
 ご予約(必須)は、弁理士相川までお願いします。

*****本セミナーは、弁理士の継続研修の対象ではありません。

          

更新日:2017年4月5日




English Page
米国特許ライセンス(2003年4月18日)
特許ライセンス戦略(2003年8月6日)
職務発明セミナー(2003年10月15日)
米国均等論セミナー(2004年2月18日)
米国クレーム言語等(2004年4月9日)
米国クレームドラフティング(2004年10月29日)
ノア高裁判決の余波(2004年11月19日)
強固な特許戦略を構築するために(2005年6月15日)
米国特許改正法案について何を知っておくべきか? (2005年10月28日)
特許判例法入門:英米法の基礎 特許判例の検索・読み方 (2006年5月11日)
ブラウン・バッグ・ランチ・ミーティング (2006年5月16日)
2007年米国特許規則改正 (2006年11月16日)
米国最高裁に係属中の進歩性判断基準に関する KSR事件の概要と判決(予想)の解説(2007年3月28日)
米国特許審査OA対応におけるMPEPの利用(2007年9月4日)
米国特許規則改正講座(2007年9月10日)
全連邦政府(立法、司法、行政)に基づく米国特許制度改革と運用の展開 (2007年12月6日)
ヨーロッパ特許法及び実務の最近の発展(EPC2000) (2008年2月20日)
成功するライセンス契約の実務ガイド (2008年5月9日)
日米記載要件比較(ベストモード)(2008年10月21日)
インド特許制度(2009年2月25日)
米国特許規則改正に対する控訴審判決(2009年4月8日)
米国特許の最新情報(2009年10月5日)
方法特許・ソフトウェアに関する米国特許庁とCAFCの最近の動向 (2010年4月21日)
ヨーロッパ特許出願クレームドラフティング:回避すべき落とし穴 (2010年10月14日)
米国特許最近の話題オムニバス (2010年11月12日)
米国特許出願明細書作成時の典型的な10個の間違い (2011年5月17日)
米国特許制度、今熱い話題 (2011年9月15日(大阪)、16日(東京))
過去12ヵ月のインドでの最も重要な知財の展開 (2011年9月30日)
欧州特許出願のドラフト及び中間処理の要注意ポイント (2011年10月13日(大阪))
欧州で如何にして早く効果的に特許権を取得するか? (2011年11月10日)
米国特許改正法(AIA):実務的衝撃と出願戦略 (2012年11月15日)
インドの特許出願手続きにおける幾つかのトピックス (2013年10月25日)
インドの特許に関する幾つかの最近の判断 (2014年3月6日)
欧州特許庁の重要な決定 (2014年5月13日)
ツボを押さえた米国特許出願講座 (2014年12月8日)
米国改正法(AIA)下の通知への応答を含む米国特許出願におけるトリック (2015年3月27日)
欧州における新規事項に関する問題の回避 (2015年7月1日)
欧州における新規事項に関する問題の回避 (2016年6月3日)
欧州出願 vs. ドイツ出願 (2016年12月1日)
日本弁理士会東京本部




ご質問・ご意見等は弁理士相川俊彦まで